このページの先頭です
ここから本文です

契約選手

ラグビー元日本代表 初代外国人キャプテン アンドリュー・マコーミック

氏 名

アンドリュー・マコーミック

元ラグビー日本代表キャプテン (外国人初のキャプテン)
摂南大学ラグビー部コーチ
元東芝ララグビー部ヘッドコーチ
元関西学院大学ラグビー部ヘッドコーチ
生年月日/出 身 1967年2月5日/ニュージーランド
所 属 東芝ラグビー部 → 釜石シーウェーブ
ラグビー選手経歴 1990年:ニュージーランド代表育成チームに選出
1991年:ニュージーランド代表Aチームに選出
1992−1999年:東芝ラグビー部所属
※1995年〜98年はチームのキャプテンを務め、3度の社会人リーグ優勝、3度の日本選手権を制覇
1996-1999年:ラグビー日本代表に選出
※日本代表チームのキャプテンを務める
1999年:ラグビーW杯(ウェールズ大会)に日本代表として出場
ラグビー指導者歴 2000−2001年:東芝ラグビー部ヘッドコーチ
2002−2003年:釜石シ—ウェーブ プレーイングコーチ 
※2002年トップイースト優勝へ導く
2004−2008年:コカコーラレッドスパークス バックスコーチ
※トップリーグへ昇格させる。
2009—2011年:NTTドコモレッドハリケーンズ ヘッドコーチ
※トップリーグへ昇格させる。
2012—2015年:関西学院大学ラグビー部ヘッドコーチ
※関西大学ラグビーリーグ制覇へ導く。
2016年:摂南大学ラグビー部 コーチ就任

ラグビー日本代表の初代外国人キャプテン!

異文化を理解する“グローバルな感性”と、“卓越したリーダーシップ”で日本ラグビー界を牽引!

アンドリュー・マコーミック講演内容

『国際社会に求められるリーダーシップとは?』~外国人初のラグビー日本代表キャプテンの経験を通じて~

自身の “外国人初のラグビー日本代表キャプテン”の経験から学んだ、今、日本に求められる真のリーダーシップ像に迫ります。ニュージランドから来日したラガーマンが、なぜ日本代表のキャプテンになれたのか?どのように日本文化を理解していったのか?彼が日本社会で信頼を得るためにとった行動とは?更には異国出身のチームリーダーとして、日本人選手達をどのようにまとめ上げ、世界と相手に戦ってきたのか?等を語ります。

『ラグビーから学ぶ、強い組織とは? 』

力の強い選手、小柄な選手、足の速い選手、背の高い選手等、様々な個性を持った人材が集まり戦うスポーツであるラグビーは、まさに組織スポーツの極みだと言えます。アンドリュー・マコーミック自身の東芝での日本選手権3連覇偉業、キャプテンとして出場したW杯での戦い、更には指導者としてラグビートップリーグチームと大学ラグビー部に携わった経験を通じて、強い組織を作るノウハウを講演を通じて伝授します。

『ラグビー日本代表外国人キャプテンが見た「メイド イン ジャパン」の凄さ』

2015年のラグビーW杯での日本代表の南アフリカ戦の勝利を生み出した「JAPAN WAY」。まさに今、スポーツ界に留まらず、ビジネス界等様々な業界で、この「日本流」が注目されています。マコーミックのラグビー日本代表キャプテンの経験を交えながら、外国人だからこそ気付く日本が世界に誇れる、「メイド イン ジャパン」の凄さを語ります。

主な講演実績

・三重オーストラリア・ニュージーランド協会
・盛岡工業クラブ
・CLAIR(クレア)一般財団法人自治体国際化協会
・近畿印刷工業会
・宮城県ラグビーフットボール協会
・橘陵ラガークラブ
・駒場東邦ラグビー部
・エヌエヌ生命保険株式会社

その他、企業研修、学校、自治体関連、安全大会、異業種交流会等、多数講演実績あり。
※講演は、日本語・英語のどちらの言語も対応可能です。

契約選手

  • 大畑 大介
  • 栗原 嵩
  • 山下 楽平
  • アンドリュー・マコーミック

活動実績

  • WOMEN'S COLLEGE SEVENS
  • イベントのご相談・お仕事依頼・取材申込など お問い合わせはこちら

facebook